需要に対応する

必要があると需要は増えるのは世の常です。仕事も同じで、多くの人が求めれれる職種はニーズが高くなります。今ではIT関係の職種がニーズの高い職業といえるのではないでしょうか。特に大きな変化が起こるときには、エンジニア不足ということをよく聞きます。社会全体が大きな変化をしなくてはいけなくなったとき、その改革にはスピードが求められています。

それは今の社会が、50年ほどの間に大きく変化してしまったからです。
昔は銀行のATMのシステム変更のために、数日間取引の停止をしていました。
今では考えられないことではないでしょうか。ほとんどの人が気づかないうちに変更は済まされ、ある日ふとシステムが新しくなっている、対応できることが増えている、また処理が早くなっていることに気づくのです。

このようにスピードが求められる時代では、いかに能力の高いエンジニアが求められているのかが分かります。利用者や企業にもロスタイムを感じさせずにスムーズに移行する技術には、エンジニアの技術だけではなく、多くの人の知識や努力があってこその結果でしかありません。ですがこのような素早い対応を社会は求めるようになり、それに応えることができるエンジニアへのニーズは年々高くなってきているのが現状です。

つまり、数十年前の技術や知識のエンジニアではニーズがない、といことにもなります。エンジニアは常に新しい技術や知識を得る努力が必要です。
そして更に安全で素早く対応できるものを考え、実行に移すことができる行動力も必要です。ただ考えているだけでは誰からも信用を得ることはできません。
仮定を肯定に変えるだけの裏付けが必要になってきますので、これからのエンジニアに求められるものはより高度なものになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です